挑戦 頂点をとる〜



8 各部方針及び努力目標


教務部
(1)基本方針
  教育方針及び本年度の努力目標を達成するため、各部、学年会、各教科との連絡調整を密に
  して、円滑に教育活動が行われるように全教職員の共通理解と協力体制の確立をめざして、
  効率的な校務の運営に努める。
(2)努力目標 
  @ 年間の授業日数及び授業時間数の確保
  A 学校行事の効率的位置づけ及び精選
  B 各部、学年会、各教科との密接な連携と協力体制の確立
  C 重要諸表簿及び事務文書の整理・保管
  D 内規の整備
  E 保護者、地域社会およびPTAとの連携と協力体制の確立
  F 教育課程の研究
  G「総合的な学習の時間」の研究と推進
  H メーリングサービスの利用推進

生徒指導部
(1)基本方針
  @ 個々の生徒理解に努め、カウンセリング・マインドで 活動を進めていく。さらに、生徒と教師
    間の信頼関係を確立し、教師に対して生徒が心の扉を開き、自己実現に向けるよう指導に
    あたる。
 A 全生徒を生徒会活動に参加させることにより、民主社会を担っていく人間として自らの権利
    を認識し、義務を遂行できる生徒を育成する。
(2)努力目標
 @ 基本的生活習慣の確立(勤怠指導)
 A 明るく清潔な学習環境づくり(服装容儀指導)
 B 交通安全指導
 C アルバイトの指導
 D 問題行動の未然防止(飲酒・喫煙、深夜徘徊等)
 E 生徒会役員の資質の向上(リーダーとしての意識の高揚)
 F 各専門委員会活動の活発化
 G 綿密な計画と準備をし、そのもとで実施、反省、記録を行う。
 H 部活動の活性化
 I HR役員および各種委員の活動の場の提供と資質の向上

進路指導部
(1)目標
  生徒一人ひとりが自己の能力と個性に応じた進路を選べるように進路指導の充実を図る。
(2)基本方針
  生徒が自ら進路について考える主体的な態度を育てる。 
   @ 生徒の自己理解を支援し、将来の生き方・在り方を考えさせる。
   A 担任、学年会をはじめとして、校内の全組織、全職員と連携をとり、全校的な協力体制の
下で系統的・計画的・継続的な進路指導を行う。
(3)重点努力目標
   @ 生徒が能力と個性に応じた進路が選べるよう個別指導を強化する
   A 進路選択の早期決定を図る。
   B 各種テスト等を実施し、生徒の自己理解を促進する。
   C 諸講座を計画・実施し、生徒の学力向上に努める。                   
   D 進路に関する資料を収集・整理し、生徒・職員が効果的に活用できるように努める。
   E 各学年会との連携の在り方を工夫する。
   F 特進クラスの活性化を図る。

環境・安全部
施設環境衛生
(1)努力目標
   @ 清掃の徹底や校内美化に努め、気持ちの良い学習環境づくりをする。
   A 清掃活動を通して自主性と勤労意欲を高める。
(2)具体的取り組み
   @ 日常の清掃の徹底と点検・指導(全職員で清掃指導にあたる)
   A 清掃分担区の明確化
   B 美化委員会の自発的活動の促進
   C 清掃用具の点検・整備
   D 教室内外の整備
   E 全体清掃の設定と実施
   F 校内緑化の推進
   G セミナーハウスや学校車の管理
   H 防災計画の運用
保健・体育
(1)努力目標
   @ 生徒及び教職員の健康の保持増進を図る。
   A 健康(健全)な生活を送る態度を育成する。
   B 学級担任、教育相談係、養護教諭、保護者との連携を密にする。
   C 健康、安全に留意し自発的、自主的な学習態度を培う。
(2)具体的な取り組み
   @ 健康診断の円滑な実施と事後指導の徹底
   A 保健資料の収集と提供
   B 保健委員会の活性化
   C 学習環境の点検(薬剤師との連携)
   D エイズ教育・薬物乱用防止教育に関する資料収集、提供
   E 体育的行事に於ける安全指導
   F プールの衛生管理及び安全指導
   G 体育施設の安全点検
教育相談
(1)努力目標
   @ 教育相談(カウンセリング)活動を通して生徒のより深い理解と生徒自身の自己実現を支
     援する。
   A 保護者、ホームルーム担任・養護教諭・専門機関等と連携し、生徒の理解と支援を実現
     し、自己実現を促す。
(2)具体的な取り組み
   @ 教育相談体制の組織的確立を図る。
   A 生徒・保護者の相談しやすい教育相談体制の確立(教育相談室の気軽な利用)
   B 教育相談室の整備・資料収集・保管・データの活用
   C ホームルーム担任・教科担任・学年会・各部の係・保護者・専門機関との連携強化

図書
・視聴覚部
(1)活動目標
  図書館、視聴覚機器の利用の促進を図る
(2)努力目標
   @ 各教科・HRとの連携を密にし、施設および資料の利用を促進する。
   A 読書指導、図書館利用指導の実施。返本指導の徹底。
   B 図書委員会の活動を活発にする。
   C 図書および図書以外の資料の整理・充実
   D 掲示活動の充実
   E 視聴覚室の利用促進
   F 視聴覚機器の整理充実
   G その他(芸術鑑賞の世話、行事等の記録)

情報部
(1)活動目標
  各部・各学年・各教科との連絡・協力を密にして効率的な校務の運用支援に努める。
(2)努力目標
   @ 校内LANの整備と活用
   A 職員研修の充実
   B 進路相談支援システムの運用およびサポートの充実
   C 定期考査の計画的な実施

事務部
(1)活動目標
    全職員と連携・協力し、生徒の学習環境の向上に努める。
(2)努力目標
   @ 教育環境の充実を図る。
   A 安全な施設設備の管理に努める。
   B 適正で効率的な事務遂行に努める。
   C 合規的、効果的な予算執行に努める。

学年会
1学年会
  @ 基本的生活習慣を確立する。(勤怠指導、服装指導、清掃指導の徹底)
  A 学習規律を確立する。
  B 進路指導部、生徒指導部と連携し、学年集会を計画的に実施する。
  C 情報交換会の充実を図る。
2学年会
  @ 基本的生活習慣を確立する。(遅刻、無届欠課、無届欠席、清掃・身なり指導の徹底)
  A 意欲的に取り組む学習態度を育成する。(授業中のマナーの確立)
  B 進路指導部と連携し、生徒の進路に関する情報収集の徹底と進路目標の早期決定を図る。
  C クラス間の連携を密にし、連帯感を深める。
3学年会
  @ 基本的な生活習慣を確立させる。(遅刻、無届欠課、無届欠席、清掃・身なり指導の徹底)
  A 進路指導部と連携し、生徒の進路に関する情報収集の徹底と進路目標の早期決定を図り、
    生徒一人一人の希望する進路が実現できるよう進路指導の充実を図る。
  B 生徒の自主的活動を促し、ホームルームの充実と効果的な運営をめざす。
  C 学年会の充実を図る。